中古トラック販売店の選び方

中古でトラックを購入しようと考えた時、最も大切なのは販売店の選び方です。
なぜなら、中古の一般車両と比べると中古トラックの市場規模は非常に小さく、希望通りの車両を見つけることが非常に難しいからです。また大手業者が少ないため、中には資金力に乏しくメンテナンスにお金をかけていない業者などもおり、購入後にトラブルが起こってしまう可能性も珍しくないのです。
このようなことから考えれば、中古トラックを購入する際には販売店をしっかりと選ばなければいけないといえます。
まずポイントとしては、希望の車種や年式、価格などをネット検索にかけて販売店を絞ることです。
いくつかの店の候補を絞ったら、次は実際に店舗を訪れることが大切です。万一のトラブルを考慮して、ネット上だけで取引を済ませてしまわないようにしましょう。特にトラックは実際に試乗して車両の状態を確認することが重要ですので、試乗を断るような店舗は避けた方がよいといえます。
また店舗を訪れた際には、走行距離やメンテナンス状態、価格、支払い方法などの確認だけではなく、スタッフの対応や店舗自体の雰囲気を確認しておきましょう。
このようにして販売店を選べば大きなトラブルを避けることに繋がるはずです。

海外と比較される日本のトラック

日本のトラック 日本のトラックは性能がよく、ヨーロッパのトラックとよく比較されることがあります。スェーデンやドイツのトラックは性能が良いと有名であり、日本のトラックとスペックや性能が比較されます。
しかしながら、中古車の輸入をメインとする東南アジアの市場では、いわゆる新興国と言われ、新車の導入が難しい経済状況にもあるため、より良い中古車選びに余念が無いです。
東南アジアで日本車の輸入が認められる国で、中古車両を選ぶ場合、80%の人が日本車を選びます。
日本車が選ばれる理由として、日本の安全への配慮の高さで、車検制度やその検査技術の高さなどがあり、さらにもの造りにストイックな日本人の性質にも興味を示します。
また、戦後の日本でエネルギー資源の調達に困難を極めた背景から、燃費水準を常に念頭に置いた車両製造を行ってきたことや、周りを海に囲まれた島国であることなどから調達コストがどうしても高くなるため、新型開発をするたびに燃費水準をクリアしてきたため、海外での受けもよいのでしょう。

check



2019/12/11 更新

コンテンツ

『トラック 販売』 最新ツイート

@jun_jk15

ダイハツ フェローバギー 1970年に100台限定で販売された、FRPボディの軽トラック(の規格のバギーカー)。 、100台という販売数から、現存する車両は少ないのだが、今でも復活を望む声が高い。 https://t.co/EDeOO9U0YR

1分前 - 2019年12月14日


@SUZU_no_ito

実家にいた頃、週3回くらい移動販売車が来てまして。 魚屋と生鮮食品含む食品全般の二種類。魚屋さんのトラックの後ろは簡単な調理場になってて、買った魚を捌いてくれたり。小学生の頃だったから、見学してる私にカツオの心臓見せてくれたりして… https://t.co/VdWHkhiSJD

6分前 - 2019年12月14日


@bluemoon3632

宇野家が入曽に集まると力を増すよ。 介護お弁当の軽トラック販売。 たまにはよいかもしれません。

44分前 - 2019年12月14日