トラックのエンジンにディーゼルが多いわけ?

エンジンにディーゼルが多いわけ トラックのエンジンにディーゼルエンジンが多いですが、なぜ、ディーゼルエンジンが多いのかと疑問を持つ人もおられるでしょう。トラックでも軽量車で小排気量では、軽トラ(660㏄)や1トン(1800㏄)などの場合、ガソリン車が多く、2トン以上のトラックにディーゼル車が多いです。
ここから、ディーゼルエンジンについて解説します。
ディーゼル車は、ガソリン車と異なる点があり、シリンダー内での燃焼時に、プラグ点火による燃焼ではなく、圧縮した空気に燃料を噴射し、自然発火による燃焼となり、ガソリン車と同様の回転数でも高いトルクが得らるという利点があり、貨物や重量搬送にもっとも適しています。
さらに、通常のガソリン車に比べて燃費に長け、1リッターあたりの燃費がガソリン車よりもよく、燃料コストも安いことから事業用の搬送車に多く利用されています。 製造過程でコスト高となるため、乗用車種のディーゼルは必然的に低いグレードとして設定されていますが、排ガスや振動などの問題と下取り価格が低くなる傾向から人気が低い傾向が見られます。
トラックは長距離走行が目的となり、100万キロ走行も可能として製造されるため、耐久性の面で考えてもディーゼルが適しています。

トラックのオイル交換は定期的に

現在のトラックは品質も設計も向上し、エンジンオイルの交換を定期的に行っていれば、大きな故障はほぼ防ぐことが出来ます。
逆にオイル交換を行わなければ、エンジンの寿命を短くしてしまい、結果的にオイル交換の金額以上の金銭的損失を蒙るのみならず、最悪の場合は交通事故に繋がる危険性があります。 特にトラックは車体の重量やサイズも大きく、それだけ大事故に繋がる可能性が高まります。用途にもよりますが、トラックは走行距離が長い場合も多いので、走行記録を見て適切にオイル交換を行う必要があります。
日本において、トラックはほぼ全てがディーゼルエンジンを搭載しております。ディーゼルエンジンのエンジンオイルには、大きく分けて2つの種類があります。通常のディーゼルエンジンに使用される「DL-1」と、DPF(ディーゼル微粒子捕集フィルター)が装着されたディーゼル車用の「DH-2」です。
両者に互換性は無いので、オイル交換時には注意する必要が在ります。

recommend



最終更新日:2019/12/11

コンテンツ

『トラック エンジン』 最新ツイート

@Chuck_Norris_JP

チャック・ノリスがむかしピックアップトラックの後部でセックスをしていたときに、彼の精子の一部がエンジンに漏れ落ちた。そのトラックは現在、オプティマス・プライムとして知られている

31分前 - 2019年12月14日


@Ig2Wn

誰やねん!トラックの鍵を持って出て行ったの🙄エンジンかけようとしたらキーがあらへんw 帰ろ🤣

3時間前 - 2019年12月14日


@Overseasonlycar

トヨタ タコマ(3代目) トヨタの北米向けピックアップトラックの小さい方。エンジンは2.7Lと3.5Lの2種で、5速、6速のMTが選択可能。ボディ、グレード、ミッションの組み合わせはなんと29種。アメリカンピックアップ入門にいかが? https://t.co/Z3IaGQqXSK

3時間前 - 2019年12月14日